一掬の流水

日記です。公開した小説の裏話なども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思い返すと。

実は生徒の憂鬱を最初から読み直しておりました。
ああ、この頃はこうだったなぁ、ああだったなぁとか私の中の
思い出を思い出しながらしみじみしておりました。
なんかドタバタな日々をこいつら過ごしてるなー(笑)
なんて思いつつ、今はどんな状況に彼らは置かれているのか考えておりました。
ああー、藤井ーっっ。乙女ってないで男をみせろぉっ、
なんて作者がぼやきながらいつも考えてます^^
そしていつの間にか30話。CORNERを抜いてますね。
そういえばCORNERも書き直したいっと思っていた昔の自分も思い出しました。
とにかく、まずは目の前のことをどうにかせねば!
よし、またがんばろう。
スポンサーサイト
[ 2011/06/07 20:25 ] *** | TB(-) | CM(-)

お礼。

いつも元気付けられるのは読者の皆様からのご感想です。
たまにすごくびっしり書いてくださる方もいて本当に
感無量です。
お返事をお返しできないのは本当に申し訳ありませんが
きちんと全て読ませていただいており、心にびりりびりりと響きます。
本当にお礼だけなのですが、本当にうれしかったので、
ブログに書き込みました。
本当にありがとうございます。
[ 2011/06/01 20:00 ] *** | TB(-) | CM(-)

東北地方太平洋沖地震

お久しぶりです。
なんと東北地方太平洋沖地震を経験しました。
私は福島県在住なのですが、まぁとんでもないことになっていますね。
原発から離れたところに住んでいるのですが、同じ県ということで不安は募る一方です。
地震もすごく揺れました。
絶っていられないような、世界が終わってしまうんじゃないかとか
家族は、とか頭をよぎっていました。

アタリマエに顔を合わせていた家族や、友達との再会に強く抱き合い、
無事でよかったと涙をながしました。
いつものアタリマエが本当に嬉しくて、ありがたくて、なんだか言葉になりません。
そのとき私はお仕事中でちょうど3時に差し掛かるところだし、お茶でもしていきましょうかと
カフェに会社の人たちとのんびりとティーターイムをすごしていたときでした。
実を言うとあまり覚えていません。
あの揺れを。踏ん張っていないと絶っていられない揺れです。建物が軋む音、地面がうごめく音、警察官の逃げて!という声、人々の不安を漏らす声。
思い出すだけで恐ろしい。
帰る途中は地面にヒビが入り橋が陥没し、帰るのにも一苦労でした。
帰り道は家族が心配で気が気じゃないのに足止めを食らいましたね。
浜のほうでは大津波。
夜の不安な余震。目が覚めれば被害者の数が増えていく。
先が見えないようなどん底でした。
ちょっとした揺れでもとても敏感に反応し、今も余震におびえております。
そして原子力発電所。
米スリーマイルアイランド原発事故と同レベルとまでになりました。
それでも福島を怖がらないで。
「首都圏の電気の3分の1は福島県で作られている現実」
東北電力ではないんです。電力。
初めてこの言葉を見て怒ればいいのか嘆けばいいのかもわかりません。
どうかいち早くの終息を祈っています。

[ 2011/03/18 21:34 ] *** | TB(-) | CM(-)

風評被害

これは私の日記というわけではないのですが、
とてもわかりやすくそして伝えたいことが書かれていて是非、読んで頂きたいと思います。


---------------------------

東京電力福島第一・第二原子力発電所。福島県の浜通りに位置しています。

東北電力ではないことに注目してください。

福島県の浜通りには東京電力の発電所がこのほかに「広野火力発電所」があります。この地域で発電された電気は、全て関東へ運ばれ、首都圏の方々が利用します。
一切地元ではこの発電所で作られた電気は利用されていません。首都圏の電気の3分の1は福島県で作られている現実をもっと報道してください。

計画停電が首都圏で実施されていて、文句を言っていたり「被災地に電気を送るためだから我慢します」と言っているインタビューを良く見受けますが、何見当違いの事を言っているのですか?

東京電力が計画停電を行っているのは、首都圏の消費電力より供給電力が下回りそうだから突然停電を避けるために予め時間と区域を決めて停電を行っているのです。
首都圏で節電してこちらに電気が送られるなら、何故東北電力まで計画停電を行わなければならないのでしょう?

自分のところの電気が足りなくなっているから自分らが我慢しているだけ、なんです。

この重要な2点をマスコミは何故報道しないのですか?
首都圏の人のために建設された発電所のために地元がこれだけ苦しんでいる現実を、何故広めようとしないのですか?

しかし、冷静になって考えてみると、地元にも雇用や補助金で還元されてきた面はあり、その点は感謝します。
でも、マスコミは「福島は危険」「放射線は身体に悪影響」しか報道されていない節があります。
後付で「このレベルでは身体に害はありません」と言うだけ。パニックを抑えるなら言う順序が逆では?
「放射線の数値が通常より若干高い値を示していますが、体に影響のある数値ではありません。各地の数値は~」と言うのが報道の仕事ではないのでしょうか?

はじめに断っておきます。
首都圏の方々を敵視しているわけでも、悪いと糾弾するつもりも毛頭ありません。
でも、あまりにも酷すぎる。

首都圏で「放射線が怖いからカッパを買いました」「マスクを買いました」「とろろ昆布を買いだめしました」と言っている方がTVに映っていました。
放射線が怖い?何キロ離れてるの?じゃぁ私達福島県民はどうしたらいいの?あなたがたが今まで40年利用してきた電気を作っていた発電所を作ったために
こういったことが起こったって事はご存知なんですか?
いつでも逃げられるようにガソリンを買いだめ?
私達福島県民は逃げたくても逃げられないんです。首都圏の方々のせいとは言いませんが、ガソリンがないため逃げられないんです。
もっと言えば、ガソリンや軽油がないので救急車もバスも、救援物資を運んだトラックも動かない。灯油がないから暖もとれない。
仮に救援物資を運んだトラックが近くまできても「放射線が~」で引き返している現状です。
それが現状です。

現在観測されている放射線数値は人体に全く問題のない数値です。
X線やレントゲン、温泉の方がよっぽど高い数値を示しています。

仮にこのまま何もなかった、普通の生活に戻った、としましょう。
今度は風評被害が間違いなく起こります。

福島県出身です。っていうだけで「放射線は大丈夫?」って思わないでください。
福島県出身の女の子だからって、子供を生む時は大丈夫なの?って思わないでください。
福島県産の野菜はとても美味しいです。
福島県産の果物もとても美味しいです。
福島県産のお米もとても美味しいです。
お肉も、魚も、みんなが頑張って作ったりとったりしたものです。

でも、福島県産、ってだけで毛嫌いしないでください。

他の自治体や国はしっかりこの点も含めて被災地の復興をバックアップしていただきたいと思います。
復興には人の力がどうしても必要です。一日でも早く復興するためには皆さんの力が必要なんです。
物資の援助もお願いしたいですが、このことも是非頭に入れておいてください。お願いします。


※追記
たくさんの反響がありました。私の日記で不愉快になられた方がいらっしゃったらお詫びいたします。

私にこんな日記を書く資格があるのか、と言われた方がいらっしゃいました。もちろんそうかもしれません。かたや家を流され、親や子供を失った方もいらっしゃいます。
それに対し、私の家は物が壊れ、断水している程度です。

しかし私は仕事で災害復旧にかかわっており、直接被災者にお話を伺う機会が多く、自分に出来ることは何だろうと思い、この日記を書かせていただきました。

関東の方が節電をされ、少しでもこちらのほうのために役立てれば、と思っていただいているのも事実です。
その気持ちは非常にありがたいと思っています。
ネットで広がっている、ヤシマ作戦などはとてもいい事だなと思っています。
ただ、やはりこちら(福島県民)の気持ちとの温度差、と言う意味であのような書き方になってしまいました。
この点についても、不愉快になられる方がいたらお詫びいたします。

-----------------------------------
[ 2011/03/18 21:33 ] *** | TB(-) | CM(-)

おひさしぶりですー

おひさしぶりでございます。
ありがたいメールを拝見し、本当に頭が上がりません。
ながながと停滞してますがこの間、私自信いろいろな事がありました。
薄れていた気持ちといか、あの時あった気持ちというか。
完全に連載当初の価値観は今ではちょっとずれてきています。
今年もあと三ヶ月で終わりですね。正月辺りに今年中にっ!! なんて目標を立てて板のにもかかわらず、
このざまです・・・・。 ゆっくり自分のペースで納得のいく作品にして行きたいと想います。
各キャラクターの卒業までの行方を書きこめたらいいなと思っています。
[ 2010/10/07 20:16 ] *** | TB(-) | CM(-)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。